GaNコンソーシアム

GaNコンソーシアムとは

活動の概要

人材育成(スクール/研究会/GaN-TRY)
  1. スクール
    • 目的:我が国のGaN研究開発の将来を担う優秀な人材を育成
    • 開催:年1回
    • プログラム:GaNの結晶成長、デバイスプロセスに関する専門的技術の理解
            ビジネスモデルに関する基礎的知識の修得を目的とした講義
            
  2. 研究会
    • 目的:会員機関のニーズに応じ、GaNのパワーデバイス、光デバイス、高周波デバイス等の研究開発、事業化について、
      幅広い意見交換、ネットワーク形成の場を提供
    • 開催:適宜
            
  3. GaN-TRY(GaNコンソーシアム若手プロトタイプ助成プログラム)
    • 目的:若手研究者の『アイデアを形として実現する』、つまり、単なる研究ではなくプロトタイプを実現する能力を
      磨いてもらうことを基本原則とし、通常業務では実施できないような新しい可能性を見いだす
    • 募集:年1回
    •  

       

研究企画・実施(WG活動、研究PJ、知財管理)
  1. WG活動、研究PJメーキング
    • 研究開発方針:
      協調共同研究と個別共同研究を分けたプロジェクト設定により、研究成果物や情報を共有できる範囲を区別
      (オープン運営とクローズ運営を併存)
    • 活動内容:
      ①研究開発プロジェクトの企画・立案、国プロジェクトの提案・獲得
      ②コンソーシアムの研究計画(ロードマップ)策定
      ③オープン・クローズ戦略の検討(共同研究の企画立案、中長期的な事業化、出口戦略等)
            
  2. 知的財産の管理・活用
    • 知的財産の管理・活用方針:
      ①研究者・参画機関の研究に対するモチベーションを向上
      ②研究成果はクローズな部分を確保しつつ、オープン化して普及を加速
      ③実施許諾の基本的な考え方を明確化し、研究成果の円滑な活用を推進
    •  

現在進行中の研究開発事業

文部科学省 省エネルギー社会の実現に資する次世代半導体研究開発

NEDO 低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト

     (新材料パワーデバイスの実用化加速技術開発)